×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

看護師の資格をどこで取るか 中学卒業後

看護師になるには「どのような学歴を持って」「どの学校に通うか」によって変わってきます。いずれにしても学校で看護の勉強をして、国家試験に受かる必要があるのは同じです。このサイトの中でいくつか看護の学校や、学校に入る為の予備校などを紹介していますので、参考にして下さい。まず、看護師への第一歩は早ければ中学卒業後に踏み出す事が出来ます。まず、2年制の准看護師学校、3年制の高等学校衛生看護科に進学した場合、卒業して准看護師試験に合格すれば准看護師になれます。その後看護師になるには看護専修学校、看護短期大学、高等学校専攻科のいずれかを卒業して看護師試験に合格すれば看護師になれます。高等学校衛生看護科進学者は、卒業時に准看護師の資格を得ずにそのまま高等学校専修科に進学し、卒業して看護師試験を受験すろ事も可能です。または5年一貫教育校(高校3年+専攻科2年)に進学して、卒業後に看護師国家試験を受け、合格すると看護師になれます。

看護師の資格をどこで取るか 高校卒業後・社会人

高校卒業後に看護師を目指す場合、看護専門学校(3年)、看護短期大学(3年)、大学(看護科)(4年)に進学、看護師試験に合格すれば看護師になれます。もしくは准看護師学校(2年)→准看護師というルートもあります。その後看護師を目指すなら看護専修学校、看護短期大学、高等学校専攻科(2年)に進学、看護師試験に合格すればOKです。もちろん高校卒業後、准看護師学校に進み「准看護師」になって、働く場合もあります。もしもあなたが社会人であっても、看護師を目指す事は可能です。働きながらであれば定時制の看護師専門学校(4年)がベストでしょう。しかし普通の定時制とは違い、授業開始は昼からです。フルタイムの仕事を持っている人は中々難しいでしょう。看護専門学校や看護短期大学へ進学し、学費は奨学金や教育ローンで捻出する方法もあります。中卒、高卒、専門卒、大卒、いずれにしても看護師を目指す事は可能です。准看護師を経て看護師になるのか、始めから看護師を目指すのか、を含めて、ご自分の生活環境や金銭的事情などを考慮して最適なルートを選ぶようにして下さい。

看護師になってから 就職 待遇 勤務形態

看護師になるには熱意さえあれば様々なルートが用意されているのはご理解頂けたかと思います。学費を心配されている方もいらっしゃると思いますが、看護学校の世界は奨学金制度が比較的充実しています。将来的に指定した病院への就職を前提に、学費が減免されたり給付、貸与される例もあります。色々な情報が紹介されていますので、ご自分に合ったものをお選び頂ければと思います。資格を取得した後の求人ですが、これは困る事はないでしょう。引く手あまたです。しかし条件のいいところに人気が集中するのは看護師の世界でも同じです。看護師の転職は比較的簡単ですが、転職を繰り返している看護師は嫌われますし、スキルが身につかないのであまりオススメはしません。待遇についてはピンキリですが、仕事量に対して考えるともっともらえてもいいかな、という気がします。まあラクな病院、ラクな科、というのも存在しますけどね。勤務は大体2交代か3交代です。つまり夜勤や深夜勤が普通にあります。ただしこれは入院設備のある病院の話なので、日勤のみがよければ入院設備のない病院を選べばOK。

Copyright © 2008 看護婦の資格取得・就職転職・待遇について